最新記事

東京の賃貸物件はワンルーム物件でも高いというイメージがありますが、良く探してみるとお宝物件をよく見かけます。家賃相場が高いエリアは東京でもごく一部であり、電車で一駅先に行ってみたり、自転車で駅まで通勤したりすれば、びっくりするくらいの家賃で借りることができるケースもあります。また、不動産仲介会社と交渉をしてみるのも重要です。店頭でみかけるチラシに書かれている家賃はあくまでも大家の貸したい金額でしかありません。借りたい金額を賃借人が提示することも当然認められます。不動産仲介会社の多くは、空室物件の募集をかけるにあたって、あらかじめ妥協家賃を大家と取り決めています。大家も何ヶ月も空室になっているようであれば、家賃を下げてでも早めに貸したいと考えています。契約をする際には焦らずにじっくりと交渉をしましょう。不動産仲介会社の担当者が大家に連絡をとる行動を始めたら、値下げ交渉がうまくいっていると考えてよいです。